子どもたちの学びをサポートする、4つの特長

01.やさしさ・ふれあいをかんがえるために

低学年用デザインと高学年用デザイン

学年にあわせた2つのデザインを採用

表紙デザインは、低学年と高学年と2つのデザインを採用しています。
低学年にはいきいきした表現をみせる愛らしい動物たち、高学年にはダイナミックな自然のすばらしさをスケール感いっぱいに表現しています。

[教科別カラー6色!]科目の区別がつきやすく、使うのが楽しくなる学習帳にしあげました。

低学年用デザインと高学年用デザイン

岩合光昭氏の、いきいきとした動物の姿をとらえた写真を採用

岩合光昭氏

日本を代表する動物写真家、岩合光昭氏が撮影した世界の動物を全アイテムの表紙写真に採用。動物たちがみせるさまざまな表情は子どもたちの感性を刺激し、多くの「きづき」を与えてくれます。

02.社会・環境をかんがえるために

ユニセフを通じて学ぶ、世界の現状

ユニセフロゴ

学習帳の売上げの一部をユニセフへ寄付しています。世界の子どもたちを支援する活動に使われています。

カラーユニバーサルデザインを採用

カラーユニバーサルデザインロゴ

科目別に6色のカラフルな色使いにしています。またその色は色覚の子どもたちが不利にならないようにしっかり科目が判別できる色合にしています。かんがえる学習帳は、カラーユニバーサルデザイン機構の認証を受けています。

環境配慮の植林木を使用

環境配慮の植林木使用ロゴ

植林木とは、森林資源を計画的に育成することによって自然環境を維持するしくみのひとつです。かんがえる学習帳は、環境への配慮からノートの中紙に植林木を原料とした紙を使用しています。

03.学び・成長をかんがえるために

「書くこと」でかんがえる

「考える→書く→わかる」という学びの流れを体得できるよう、直接書き込めるようにしています。フルカラー印刷で写真やイラストを活用し、楽しみながら考える力を育みます。

  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「どんななまえがにあうかな」
  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「どんな言葉が入るかな」
  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「ともだちのえをかこう」

表紙裏面に掲載しているコンテンツ

「読むこと」でかんがえる

新聞学習に対応した記事形式の「かんがえる新聞」をはじめ、写真を見てイメージを膨らませたり、文章の書き方の基本を復習することができるコンテンツを豊富に揃えました。

  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「うみのいろはなにいろ?」
  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「かんがえる新聞」
  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「方言っておもしろい」

表紙裏面に掲載しているコンテンツ

04.未来をかんがえるために

「将来のこと」をかんがえるための高学年用コンテンツ

高学年用のコンテンツとして「わたしたちのキャリアノート」を掲載。

世の中に存在するさまざまな仕事を知ることで、社会への興味や将来の進路を考えるきっかけを引き出します。

  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「わたしたちのキャリアノート」
  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「わたしたちのキャリアノート」
  • 表紙裏面に掲載しているコンテンツ「わたしたちのキャリアノート」

表紙裏面に掲載しているコンテンツ